1. HOME
  2. 施設・まち案内
  3. 研修・宿泊・レジャー施設
  4. みずほすこやかランド
  5. 雲仙市みずほすこやかランドの民間活用に係るサウンディング型市場調査結果について
雲仙市みずほすこやかランドの民間活用に係るサウンディング型市場調査結果について
 雲仙市では、市民の健康、福祉の増進を目指すとともに、広域的な交流を促進し、地域の活性化に寄与することを目的に、温泉施設、福祉施設、体育施設、宿泊施設等を集約した「雲仙市みずほすこやかランド(以下、「すこやかランド」という。)を設置し、市民だけでなく、多くの方々が利用されています。
 しかし、近年では、少子高齢化や人口減少、類似施設が近隣に複数存在するなど、施設を取り巻く環境も大きく変化していることもあり、利用者数は年々減少傾向にあります。
 また、グラウンドゴルフ場以外の施設においては、建築から20年以上が経過していることから、施設の老朽化も進んでおり、今後はこれまで以上の修理費等の増加が見込まれます。特に敷地内の温泉施設である「みずほ温泉千年の湯」につきましては費用がかさんでおり、運営改善に向け、検討を重ねてまいりましたが、有効な手法を見出すことができておりません。
 そこで、「みずほ温泉千年の湯」を含む、すこやかランド全体での利活用を検討することで、「みずほ温泉千年の湯」を活かすことができるのではないかと考え、市場性の把握及び事業展開の可能性を探り、民間事業者の公募要領等の条件に役立てるため、「サウンディング型市場調査」を実施しましたので、その結果を報告します。


1.調査実施期間
 令和3年5月31日(月)〜令和3年6月4日(金)

2.調査対象施設
 雲仙市みずほすこやかランド(8施設)
  @みずほ温泉千年の湯(温泉施設)
  A瑞穂ヘルシー会館(福祉施設)
  Bふれあい会館(宿泊施設)
  Cふれあい広場(文化交流施設)
  D多目的グラウンド(体育施設)
  Eテニスコート(体育施設)
  Fグラウンドゴルフ場(体育施設)
  Gふれあいプール(体育施設)

3.参加事業者数
 9事業者

4.調査結果の概要・提案内容
 別添調査実施結果(PDFファイル:722.6KB)のとおり

5.サウンディング結果を踏まえた今後の方針
 今回の調査結果を参考に、基本構想・基本計画の策定並びに官民連携の手法検討、公募要領の条件整理などを進めていきます。

6.お問い合わせ先
 雲仙市 健康福祉部 福祉課 総務高齢班
 〒854-0492 長崎県雲仙市千々石町戊582番地(雲仙市千々石庁舎)
 (電話)0957-36-2500
 (E-mail)fukushi@city.unzen.lg.jp
 
 
 
 
添付ファイル
雲仙市みずほすこやかランドの民間活力に係るサウンディング型市場調査実施結果(事業者別).pdfを開く,又は保存する 雲仙市みずほすこやかランドの民間活力に係るサウンディング型市場調査実施結果(事業者別).pdf
(PDFファイル:722.6KB)


  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)