1. HOME
  2. 暮らし・手続き
  3. 住まい
  4. 制度・支援
  5. 雲仙市子育て応援住宅支援事業
雲仙市子育て応援住宅支援事業
【事業内容】
 多子世帯で自ら居住するために中古住宅を取得(中古住宅の取得の際に行うリフォームを含む)する者や、新たに3世代で同居又は近居するために、中古住宅の取得又はリフォームをする者に対し、費用の一部を補助します。

【補助対象住宅】
(1)一戸建て住宅(併用住宅の場合は、住宅の用に供する部分に限る)
(2)マンション等の共同住宅等で人の居住の用に供する専有部分

【補助対象者】
(1)多子世帯に属し、自ら居住するための中古住宅(延床面積60u以上に限る)を取得しようとする者
(2)(1)の際に併せて住宅を改修しようとする者
(3)新たに3世代で同居又は近居するために住宅を改修しようとする者
(4)新たに3世代で同居又は近居するために中古住宅を取得しようとする者
※令和2年3月31日以前に同居・近居している場合は、補助の対象となりません。

【定義】
(1)多子世帯:3人以上の18歳未満の子が属する世帯又は、2人の18歳未満の子が属し、3人目を希望する世帯
(2)3世代:小学生以下の子(出産予定児)がいる子育て中の世帯を含む3つ以上の世代
(3)同居:同一住宅(同一敷地内にある離れ等の建築物を含む)に居住すること
(4)近居:市内の同一小学校区又は隣接する小学校区に居住すること

【補助対象経費】
(1)多子世帯に属し、自ら居住するための中古住宅の取得費
(2)(1)の際に併せて行う改修工事費
(3)新たに3世代で同居又は近居するための改修工事費
(4)新たに3世代で同居又は近居するための中古住宅の取得費
※補助対象工事は、補助要綱に定めるものに限ります。(間取りの変更、キッチン・浴室・トイレ等の改修・増設、バリアフリー改修等)
※改修工事は、市内に本店、支店、営業所等を有する事業所(市内に本社又は本店を有しない場合は、長崎県内に本社又は本店を有すること)が施工するものに限ります。

【補助金額】
補助対象経費の1/5(上限額40万円)
ただし、子育て応援団体等所属者の申請の場合は上限額44万円
※子育て応援団体等所属者とは、長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認定制度における認定団体(Nぴか)又は、ながさき結婚・子育て応援宣言をした団体に所属する者をいいます。

【受付期間】
申請受付:令和2年12月25日まで
※予算が無くなり次第終了させていただきます。

【注意事項】
@申請については、事前協議により補助対象となるかの確認が必要です。
A申請者において、市税の未納がある場合は補助金の交付が制限されます。
B補助金交付決定前に契約された場合は、補助の対象となりません。
C令和3年2月末までに事業を完了すること。
※その他にも要件がありますので、詳しくは建築課までお問い合わせください。

令和2年度雲仙市子育て応援住宅支援事業チラシ.pdf(PDFファイル:224KB)
雲仙市子育て応援住宅支援事業補助金交付要綱.pdf(PDFファイル:170KB)



☆お知らせ☆

雲仙市では、令和2年4月1日に住宅金融支援機構と子育て支援に関する協定を締結しました。
本協定締結により、子育て応援住宅支援事業を活用する方を対象とし、住宅金融支援機構が提供する【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げることができます。※中古住宅の取得費のみ、ご利用いただけます。
詳しくは、住宅金融支援機構九州支店地域連携グループ (TEL092-233-1507)へお問い合わせください。


このページに関するお問い合わせ

発行部署:建設部/建築課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-6592

お問い合わせフォーム