1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 福祉・介護
  4. その他の福祉
  5. 自動車事故被害者援護制度について
自動車事故被害者援護制度について
独立行政法人自動車事故対策機構では、自動車事故による被害者保護のため、下記のことを行っています。

          記

(1)交通遺児等育成資金の貸付け(無利子)
 保護者が自動車事故で死亡、または重度の後遺障害者(自賠法3級以上)となった被害者の家庭の遺児などの健全な育成を図るため、育成資金の無利子貸付けを行っています。
 【貸付対象者】
  0歳から中学校卒業までの児童
 【貸付金】
  1)一時金 15万5千円
  2)月額 1万円または2万円
  3)入学支度金 4万4千円
 【貸付期間】
  貸付決定月から中学校卒業まで
 【返還方法】
  20年以内の均等払い(月払い)
  (高校・大学への進学者はその間返還猶予)
  
(2)交通事故による重度後遺障害者への介護料支給
 自動車事故により、脳・脊髄または胸腹部臓器に損傷を受け、常時または随時の介護を必要とする重度後遺障害者を抱える家族の精神的・肉体的並びに経済的負担の軽減を図るため、介護料を支給しています。
 【支給対象者】
  自賠責保険(共済保険)の等級が、
  (1)平成14年4月1日以降の事故の場合
    @)常時介護 「第1級1号」または「第1級2号」
    A)随時介護 「第2級1号」または「第2級2号」
  (2)平成14年3月31日以前の事故の場合
    @)常時介護 「第1級3号」または「第1級4号」
    A)随時介護 「第2級3号」または「第2級4号」
 【介護料】
   @)常時介護 月額58,570円〜136,880円
   A)随時介護 月額29,290円〜54,000円
    ただし、介護に要する費用負担に応じ、上限額までの範囲内で支給します。

 ※場合によっては支給制限がありますので、詳しくは下記へお尋ねください。 

○問い合わせ先
 独立行政法人 自動車事故対策機構 長崎支所
 (電話)095-821-853